YTOな"こころ"のブログ

毎週17時更新!やましなおの整骨院の雑記ブログです('ω')

【滋賀県のお花見スポット】天下の名城『彦根城』はどんなお城なのか?【簡単解説】

彦根城アイキャッチ

こんにちは!やましなおの整骨院です😊

 

2021年の桜は、例年より早く開花した印象で、まさに今が見頃!といった感じですよね。

筆者は、天候が優れなかった週末(なんとか持ち堪えてくれた...)に、滋賀県の国宝彦根城のお花見へ行ってきました🏯

 

約1,100本の桜が咲き乱れる彦根城では、白い櫓(やぐら)とピンクのコントラストが楽しめます。

彦根の街並みに降り注ぐ桜吹雪も最高でした😆


天候が良ければもっと綺麗だったんでしょうが...雨が降らなかっただけ、幸運ですよね。

そうそう!多くの桜はお堀沿いを中心に咲いていたので、外から撮影するのもオススメですよ📸

堀沿いの桜

堀を覆(おお)いつくすようなしだれ桜が、迫力満点🌸水面に映る桜も、非常に幻想的ですよね。

そんな魅力的な彦根城の歴史を楽しみながら、春の訪れを感じて頂きたい!

ということで、今回は天下の名城として知られる『彦根城』がどんなお城なのか?をわかりやすく解説したいと思います😌

 

◯井伊氏が居城していた国宝

彦根城と桜

彦根城は、徳川家の重臣を務め続けて、多くの"大老(将軍補佐役の最高職)"を輩出した井伊氏が、14代にわたり居城したお城です。

徳川家康の側近として功績を立てた「徳川四天王」の一人、井伊直政の長男"井伊直継"と次男の"井伊直孝"によって、1622年に完成されました✨

二代に渡って築城したことからもわかるように、全ての完成に至るまでは、およそ20年の月日を費やしたそう。

 

現在も武家屋敷が残る城内の多くは、国宝や重要文化財に指定されています。

天守閣が国宝に指定されているお城は、日本に5城しかありませんが、彦根城はそのうちの一つ🏯

 

また、比叡山竹生島と並び琵琶湖八景の一つ」としても知られています。

当時は、お城の背面がびわ湖であったことから、月明りに浮かび上がる彦根城が非常に美しかったそうですよ🌕

桜の景観が、綺麗なのも納得ですね!

◯廃城の危機を乗り越えた奇跡のお城

天守閣からの景観

戦国時代には、2〜5万城もあったといわれる日本のお城ですが、現在見学できるのは200城程度。

そのうち天守閣が現存しているのは、彦根城を含めて、たったの12城しかありません😳

なぜお城の多くは、失われてしまったのでしょうか?

 

理由は3つあります。

  • 1つ目は、江戸時代の一国一城制度
  • 2つ目は、明治時代の廃城令
  • 3つ目は、アメリカ軍による空襲

つまり、江戸時代に多くのお城を持つことができなくなり、明治時代で管理に費用のかかる不要なお城を廃城。

最後には、戦争の空襲が追い打ちとなり、多くの名城が失われてしまったわけですね😢

 

彦根城は、そんな廃城を免れた滋賀県唯一の保存例

その背景には、明治初期の財政や経済に大きな影響を及ぼした"大隈重信"が、明治天皇彦根城の保存を訴えかけたことにあるそう🤔

 

第二次世界大戦では、夜間空爆の対象地域になっていた彦根城ですが、終戦となったことで空襲を免れた奇跡のお城!

何度も破城の危機を迎えながら、現在でも当時のお城を拝見できるのって、とても凄いことなんだと思いました✨

 

ひこにゃんは招き猫?

城壁からの桜

彦根城のイメージキャラクターといえば、"ひこにゃん"ですよね。

元々は、彦根城築城400年を記念して誕生したキャラクターで、キュートな容姿が全国的に話題となった🐈ゆるキャラブームの火付け役🔥

 

そんな"ひこにゃん"のモデルは、2代目彦根藩主"井伊直孝"の命を助けた一匹の白猫だといわれています。

急な雨に見舞われた直孝が、大木の下での雨宿り中、別の場所で白猫が手招きをしていました☔️

井伊直孝がその白猫の方へ近寄ってみると、大木には雷が落ちて命を救われたというお話ですね。

 

この白猫のお話は『招き猫発祥伝説』の一つであり、ひこにゃん=招き猫という解釈もできるわけです🤔

彦根城周辺のお店屋さんに、なぜたくさん招き猫が置いてあったのか?」という疑問も、これで解決しました(笑)

 

◯まとめ

入口の桜

ということで、天下の名城『彦根城』はどんなお城だったのか?をわかりやすく解説していきました。

ちなみに彦根城『金亀(こんき)城』とも呼ばれていますが、これは築城の際、彦根山の寺院に金の亀に乗った観音様が安置されていたためです🐢

招き猫伝説とか金の亀に乗った観音様とか、もしや彦根城って、とんでもないパワースポットなんじゃ...(笑)

 

天下の名城として井伊氏を支え、破城の危機を乗り越えた奇跡の城『彦根城』で、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか🌿

住所:〒522-0061

滋賀県彦根市金亀町1-1

公開時間:8:30〜17:00(城内)

城内料金:大人800円 子供200円

駐車場:有(1,000円)